栃木から日本を変えよう!志士の会 〜栃木県議会改革をめざして〜 西弘次の挑戦

西弘次とは

プロフィール

【西弘次の主な経歴(2010.10.27現在)

生年月日:1969年(昭和44年)3月31日 41歳 

出生地:兵庫県明石市生まれ

職業:(現在)

   自営業(フリーのイベント・研修ディレクター、

    最近はIT関係の仕事も多い)

   (過去)

   新規ブランド構築の為の研修ディレクター、

    各種イベントキャンペーンのディレクター経験多数。

   元々は百貨店などの販売系の仕事が多かった。

   宇都宮市では西武百貨店(食品ギフト・催事)、

    東武百貨店(食品ギフト、レストラン)、

    福田屋百貨店(紳士服)などや、

    オリオン通りのショップに勤務経験あり。

   紳士服会社勤務時代は物流センターのあった芳賀工業団地、

    フリーター(日雇い派遣労働者)時代は

     県内各地の工場や倉庫などで勤務を経験。

   学生・社会人時代で計4年間の朝刊配達を経験。

家族:犬(チャイ)、猫(ミル、マロン、ショコラ)、他に人間の家族数名

趣味:天体観望、ミュージアム巡り、映画など

 

【学校・研修関係】

宇都宮市立錦小学校 卒業

宇都宮市立陽北中学校 卒業

宇都宮セミナー高校新学部(1年浪人)

作新学院高等部男子部進学科 卒業

法政大学法学部法律学科 卒業

日本新党『女性のための政治スクール』一期生

(財)松下政経塾・東京政経塾『現代政治スクール』一期生

『CRT(栃木放送)アナウンススクール』一 期生

米国消費者運動の指導者で大統領選挙にも出馬した『ラルフネーダー弁護士事務所』で日本人初のインターンとして『米国の情報公開と市民運動』を テーマに学ぶ。

自治体財政研究会公会計研究所千葉商科大学大学院主催)の企画立案・運営を手がける。

 

【講演活動】 

地方自治を学ぶ会in奥日光 「栃木県の財政状況と財政分析手法」(2008年8月9日)

自治体財政研究会in京都 「はじめてでもわかる自治体財政の読み解き方」(2008年10月9日)

自治体財政研究会in仙台 「はじめてでもわかる自治体財政の読み解き方」(2008年10月16日)

NPOナチュラル茶話会 「栃木県の財政危機」(2009年6月20日)

 

 

【現在の活動】

『納税者保護誓約書』署名人(サインナー)

JTR 日本税制改革協議会 所属

市民と議員の条例づくり交流会議 運営委員

自治体議会改革フォーラム 賛同人

開かれた議会をめざす会 会員

オンブズ栃木 会員

地方自治を学ぶ会 会員

自治体政治総合研究所 代表

 

【元の活動】

進歩党東京都連常任幹事

開かれた議会をめざす会 事務局長

情報公開を求める市民運動 事務局員(現・NPO情報公開クリアリングハウス)

 

【尊敬する政治家や学者・活動家など】

田川誠一氏(故人) 代議士(新自由クラブ・進歩党代表、自治大臣)

鯨岡兵輔氏(故人) 代議士(副議長、環境庁長官)

宇都宮徳馬氏(故人) 参議院議員(平和問題の専門家)

大石武一氏(故人) 代議士(初代環境庁長官)

田中正造氏(故人) 代議士(栃木県が誇る政治家中の政治家)

向後元彦氏 (砂漠に緑を 代表 マングローブ植林の世界第一人者)

ラルフネーダー氏 弁護士(米大統領選挙にも出馬した消費者運動の指導者)

ルードヴィヒ・フォン・ミーゼス氏 (古典的自由主義を貫いた経済学者)

村田稔雄氏 横浜商科大学元学長(日本人唯一のミーゼスの弟子)

ロナルド・レーガン氏(故人) 米大統領(就任演説は最高に良いです!)