栃木から日本を変えよう!志士の会 〜栃木県議会改革をめざして〜 西弘次の挑戦

子どもにツケをまわさない!

      

 

2007年3月9日に、西弘次は栃木県議会議員(宇都宮市・上三川選挙区)予定候補者として初めて、JTR日本税制改革協議会という団体が政治家を対象に行っている「納税者保護誓約書」への署名をしました。
 
立会人は千葉商科大学大学院教授の吉田寛先生などにお願いしました。

 

また、今回の2011年春の県議選に向けて、決意新たに改めて署名をさせて頂いています。

2010年8月7日に、私の尊敬する村田稔雄先生に立会人になって頂きました。

村田先生は横浜商科大学学長まで務めた日本の自由主義経済論の源流であり、日本人として唯一、自由主義経済学者のミーゼスに師事し、ノーベル賞経済学者のハイエクとは兄弟弟子という方です。

8月7日は私にとって決して忘れられない日です。それは政治の師であり自由主義者であった田川誠一代議士の命日だからです。

その日に村田先生に立ち会って頂けた喜びと、その重みは、私にとって大きな大きな責任として刻み込まれています。

 
納税者保護誓約書に署名することで、政治家が「税」に対する自らの姿勢を有権者に明らかにする事が出来ます。
それによって署名した政治家が誓約書に対して誠実に行動しているかを評価することができます。
 
不特定多数の有権者に行われる公約と異なり、納税者保護誓約書はJTR日本税制改革協議会会長と誓約を取り交わします。
県議会議員の誓約書の文言は「子供にツケをまわす議決に反対します!」と書かれています。
 
西弘次は子供や孫という次の世代にツケを回さない政治を目指し誓約書に署名しました!
 
納税者保護誓約書の署名人(サインナー)は超党派の国会・地方自治体首長・地方自治体議員とそれらの候補者が署名をしています。その数は全国で350名を超えて増え続けています。

私自身、JTRのスタッフとして沢山の政治家に署名を勧め、沢山の政治家の署名立会人となりました。

是非とも、皆さんの身近な政治家(議員や首長とそえっらの候補者)や、支援している政治家、1票を投じようかと考えている政治家がいたら、誓約書を突きつけて署名をするか否かを確認してみて下さい。その政治家が日頃から言っている素晴らしい言葉の本質が、垣間見えるかもしれません。

誓約書についての詳しいことはJTR 日本税制改革協議会までご確認下さい。
 
「子供にツケをまわさない!」という文言とロゴは商標登録されており、それに類似する文言やロゴも含めて納税者保護誓約書の署名人以外は使う事が出来ません。
、西弘次は栃木県議会議員(宇都宮市・上三川選挙区)予定候補者で唯一署名していますので、唯一の使用が許されています。(2010.10.29現在)